7/5

停滞する梅雨前線の影響で九州に猛烈な雨が降り、大きな被害がでました。お亡くなりになられた方、被災された皆様に心よりお悔やみ、お見舞い申し上げます。長野県内でも南部を中心に激しい雨により避難勧告等が発令された地域もありました。管内状況ですが、危険と思われる箇所にはトンパックが配置され、皿川はじめ各所に危機管理型水位計が県により設置されています。

昨年の19号台風災害からの復旧も道半ばですが、災害はいつ起こるかわかりません。コロナ禍の中で「自助・共助・公助」のれぞれの役割を再認識し、より一層の防災対策が図られるよう努めてまいります。