2/2(金)

 当地区の総役員会は毎年、国、県、市の行政機関が出席し学習会が開催されています。昭和32年に国と締結された静間共有林組合官行造林が契約期間満了前に国の持ち分が静間区に買い取りされ、今後は国有林野事業の手を離れ当組合が管理することになりました。また、道路や河川整備、有害鳥獣対策等々、地域の課題についてそれぞれ活発な意見交換がなされ大変有意義な学習会となりました。

夕方からは(一社)長野県建築士会飯水支部の新年総会に出席し、街づくりや空き家対策について会員の方々とお話をさせていただきました。