2/7

暖冬寡雪のなか、実行委員会の皆さんの熱い思いで水神様の御社を含め26基のかまくらが出来上がった「かまくらの里」。2/8~9日の「第20回かまくら祭り」前日、早朝寒中にも関わらず、阿部守一知事が会場にお見えになりました。一同大いに勇気づけられ、大変感激しております。

この祭りは単なる観光誘客のイベントではなく、スキー場の閉鎖に伴い集落をどのように維持活性化させていくか地域全体で取り組んでいるものです。この活動が大いに評価され、飯山市・長野県・国土交通省からそれぞれ表彰されました。未来永劫このかまくら祭りがこの地で継続されていくことを願ってやみません。

 

 

またこの日は会派控室にて、各部局より令和20年度当初予算主要事の説明がありました。

一般会計の総額は9,476億円で前年度当初を617億円(7.0%)上回り、阿部県政にとって最大規模となりました。13日に開会される定例会に向け、充分精査して参りたいと思います。