5/10

「長野県建築士会公益社団法人移行記念式典」が開催されました。

当士会は昭和27年1月20日に創立され、今年で67周年を迎えます。

平成25年度公益法人制度改革により従来の社団法人から一般社団法人に移行し、快適なまちづくりなどを目指して活動する中で公益性が高いとの評価を受け、諸条件を整備し、この度「公益法人」として長野県知事より認定されました。

8年前の長野県北部地震の際にはいち早く栄村に駆けつけていただき、全戸の応急危険度判定を実施し、その後の復旧・復興に大いに貢献していただきました。

今後とも建築士の資質向上と社会貢献活動を積極的に推進し、さらなる発展をなされますよう心より願うものです。

オープニングセレモニーで善光寺木遣保存会の皆さんによる御披露目がありました。

私は県議会建築研究会を代表してご挨拶させていただきました。

経過報告は江口信行常務理事から行われました。