つれづれ日記

コロナ対策懇談会2日目

投稿日:2020/9/18 金曜日

9/17

昨日に続き、各種業界団体とのコロナ対策懇談会が行われました。本日は、長野県司法書士会・歯科衛生士連盟・タクシー協会・歯科医師連盟の方々と意見交換をいたしました。それぞれ切実な現状をご報告頂き、あらためて厳しい環境下にあることを認識いたしました。要望事項を国・県に一日も早くお届けできるよう努力して参ります。

▲ページの先頭へ

意見交換会・議会運営委員会・みゆき野JC通常総会

投稿日:2020/9/17 木曜日

9/16

9/16~18の3日間の予定で、自民党県議団による新型コロナウィルス感染症対策に関する、各職域・業界団体との意見交換会が行われています。初日の16日、私は長野県宅地建物取引業協会・長野商店会連合会・医師会より、国・県に対する要望、ご意見をお伺いしました。課題解決に向け、一歩でも前に進めることができるよう努力して参りたいと思います。

午後は議会運営委員会が開催され、9月定例会の日程等を協議いたしました。

夕刻は飯山に戻り、(一社)みゆき野青年会議所「2020年度9月通常総会」に出席。次年度理事長予定者 高橋政宏さん より挨拶があり、若者らしい熱い想いを聞くことができました。山崎隆寛理事長はじめ皆様、大変お疲れさまでした。

▲ページの先頭へ

産業観光企業委員会現地調査

投稿日:2020/9/16 水曜日

9/15

所属委員会(産業観光企業委員会)の現地調査を行いました。調査箇所は、長野地域振興局・北信労政事務所・工業技術センター(岡谷市)・松本地域振興局他で、本来なら東信方面も予定しておりましたが、時節柄1日の日程に短縮されました。

各地の産業はコロナ禍によりかなり疲弊しており、猶予ならない状況です。県としての産業振興策を積極的に打ち出すことの必要性を大いに感じたところです。一日も早い終息を願いつつ、9月定例会に臨んで参りたいと思います。

  

▲ページの先頭へ

伝統の技工芸作家三人展 日本画水墨画展

投稿日:2020/9/14 月曜日

過日、『伝統の技 工芸作家三人展』(森徳壽【彫刻】・藤澤一雄【蒔絵】・三ツ井照雄【彫金】)が飯山市美術館で開催されました。

飯山仏壇の歴史は古く、言い伝えによると元禄2年(1689年)に甲府から 寺瀬重高 という人物が来て素地仏壇を作ったとされています。仏壇の工程は木彫りや金具作り・漆塗り等々、様々な職工の技術によって成り立っています。伝統の技を伝え続ける工芸士がいなければ、仏壇は出来ません。技術の伝承や後継者不足等厳しい環境にある方々のお話を伺いながら、伝統美を堪能し、その技に驚嘆し、あらためて飯山の歴史を感じたところです。

また、『第36回日本画水墨画展』が飯山市文化交流館「なちゅら」多目的ルームで開催されました。 50点ほど展示されておりましたが、いずれも素晴らしい作品で、目の保養をさせていただき、会の役員さん方ともお話することができ、有意義な時間となりました。

私もいつかは・・・・・

 

 

▲ページの先頭へ

決算特別委員会 コロナと戦う女神たち

投稿日:2020/9/12 土曜日

9/11

県議会決算特別委員会現地調査が、北信合同庁舎にて2班に分かれ実施され、私は地元県議として同席いたしました。北信地域振興局・建設事務所・保健福祉事務所等々に対し、厳しい質問や指摘がなされました。私も過去数回、当委員会に所属しておりましたが、大変勉強になります。1~2期の議員は率先して委員になって欲しいと思います。

飯山仏壇事業協同組合による、新型コロナウィルス感染症対策のキャンペーン第3弾「コロナと戦う女神たち」のポスターが、愛宕町仏壇通りの各店舗前に本日より掲示されました。このポスターのデザインは人形木彫り作家の飯沼英樹さんによるものです。皆さんの思いがこもっているポスターを眺め、一日も早くコロナ禍が終息するよう願いつつ、街中を歩いて参りました。

▲ページの先頭へ

次へ »